Wp/ryu/糸満市

From Wikimedia Incubator
< Wp‎ | ryuWp > ryu > 糸満市
糸満市ぬモンタージュ

糸満市(イチュマン[1])ー、ジジぬ最南端んかい位置するでぃある。また、ウチナーいくさぬ終戦地でぃあり、本島最南端んかえーふぃーわ記念資料館が設置さりとーん。

概要[edit | edit source]

沿岸部ぬ糸満地区ぬ住民ー、「サバニ」とぅゆばりーるくりふにんかいぬい南洋各地んかい出漁さる糸満漁民っし知られい、ゐきがー追込漁、ゐなぐー漁行商んかい従事そーたん。漁業くーとぅんかいん、内陸部っしぇー畑作中心とぅさるはるしくち、畜産ん盛んでぃある。またナーファんかい近く、近年ー人口ぬ増加しー、都市化が著しさん。戦後出漁海域ぬうちなー周辺んかい限らったんしが、1982年んかえー大型船用ぬ糸満漁港ぬ完成、水産加工工場立地すんなどぅ商工業ぬ一中心とぅしてぃ発達そーん。

伝統工芸んかい、るーちゅーたま村んかい代表さりーるたま工芸るーちゅーたま)てぃがろー漆器ぬあん。旧暦5月4日糸満ハーレー(市内っしぇー糸満ぬ他んかい喜屋武、名城地区やてぃんうくならりーん。他市町村ーハーリーでぃぬ)ふに競漕ぬ海神祭、旧暦8月15日ぬうーんなー五穀豊穣・無病息災にがいる行事でぃある。

市ぬ南部ぬ旧三和村一帯ーウチナーいくさ最大ぬ激戦地っし、ひめゆりぬ塔健児ぬ塔などぅが建立しー、うぬ周辺ーウチナーいくさ跡国定公園んかい指定さりとーん。

「糸満」ぬ地名ぬ由来にちいてぃ人類学者ぬ金関丈夫フィリピンからインドネシアにかきてぃんーだりーる地名ぬ命名規則(接頭語んかい「イ」「ディ」えーねー「ヅィ」ちき語尾んかい「アン」ちきーん)からオーストロネシア語族ぬ言語んかい由来するぬやあらんがでぃぬ説唱いとーる[2]

地理[edit | edit source]

島尻層群基盤岩とぅしー、うぬうぃー琉球石灰岩ぬうすいんでぃぬ地形構造んかいなてぃうぅい、くぬ島尻層群とぅるーちゅー石灰岩からないる地域んかえー、断層ぬ縦横んかいはーえーしー、地集ぬ境界えーねー急はんた形成する要因とぅなとーん。また、北西部ぬ沿岸域ぬ中心市街地とぅ埋立地一帯ーぐまさる粘土てぃがろーなどぅぬとぅなか積層からなとーん。

んーちゃー地質構造ぬ影響受きてぃうぅい、島尻層群からないる地域んかえー保水性ぬある肥ゆくなふぇーいるぬジャーガルぬ分布しー、琉球石灰岩からないる地域んかえー保水性んかい乏しさるあかーぬ島尻マージぬ分布そーん。

島尻層群がんーだりーる北部ー、緩斜面とぅ急斜面ぬ織り成すん比較的変化ぬある丘陵地形とぅなてぃうぅい、東部んかえー標高168mぬ与座岳があん。うりに対し、るーちゅー石灰岩っしうすらっとーる中央部から南部ー、石灰岩台地ぬ平坦面が断層にゆってぃ切断さったる傾動地塊とぅなてぃうぅい、かーらやーぬうぃーかさびたるぐとーるふぇーんかい緩やかな斜面、にしんかい断層はんたむちゅる台地群からないる地形。あんし、摩文仁ぬ丘からーはんた下んかいサンゴ礁ぬふぃるがい、ちびらーさる眺み堪能するくとぅがないん。また、北西部ぬとぅなか積層からないる埋立地とぅ市街地ー、平坦な低地形成そーん。

あがりからいりんかい全長約10キロメートルぬ報得川が市くんちっち流りとーん。

また、市ぬにしぬうみとぅ面する地域付近んかえー、西崎運動公園ぬあん。

交通[edit | edit source]

琉球バス交通沖縄バス那覇バスうゆび東京バスぬ運行そーん。

  • 琉球バス交通 - 糸満バスターミナル中心なちゃる路線網むちゅん。主に国道331号通り豊見城市経由しなーふぁ市中心部ぬ那覇バスターミナルとぅ糸満市むしぶる路線(89番・糸満(高良)線)沖縄バスとぅ共同運行するふか、那覇空港とぅぬ直通便、糸満市南部ぬ地域とぅ市中心部むしぶる南部支線運行すん。
  • 沖縄バス - 糸満バスターミナル中心なちゃる路線網むちゅん。なーふぁとぅ糸満市むしぶる複数ぬ系統ぬ路線運行しうぅい、琉球バス交通とぅ共同運行ぬ89番・糸満(高良)線とぅ、自社単独運行ぬ八重瀬町経由ぬ路線ぬあん。那覇新都心発着ぬ路線てぃがろー、ウラシー国立劇場おきなわ発着ぬ路線んあん。また、糸満市とぅ与那原町南城市むしぶる路線(36番・糸満新里線)んあん。
  • 那覇バス - 糸満バスターミナルとぅー別ぬばすんかいある自社ぬ糸満営業所とぅ那覇バスターミナルむしぶる路線運行すん(446番・なーふぁ糸満線、豊見城市経由)[7]。
  • 東京バス - 2020年んかいジジっしぬ営業開始。国際通り入口・那覇空港とぅぬ直通バス運行すん。

東京バス除ちゅる3社ぬ一般路線全路線ぬ市中心部ぬ糸満ロータリーバス停経由すん。

学校[edit | edit source]

高等学校[edit | edit source]

中学校[edit | edit source]

小学校[edit | edit source]

脚注[edit | edit source]

  1. 語彙詳細 -- 首里・那覇方言、琉球語音声データベース、琉球大学沖縄言語研究センター、2018年2月4日閲覧。
  2. 『旅の民俗学』宮本常一著、P.82

外部リンク[edit | edit source]

Wikimedia Commons
ヰキメディヤ・コモンズには、Wp/ryu/糸満市に関連するカテゴリがあいびーん。
Wikimedia Commons
ウィキトラベル大和口版んかえー、Wp/ryu/糸満市に関するたびガイドぬあいびーん。


うちなーちん 沖縄県(うちなーちん)自治体とぅ行政区
市部 那覇市(なーふぁ) | 宜野湾市(じのーん) | 石垣市 | 浦添市(うらしー) | 名護市(なぐー) | 糸満市(いちゅまん) | 沖縄市 | 豊見城市 | うるま市 | 宮古島市 | 南城市
国頭郡 国頭村 | 大宜味村 | 東村 | 今帰仁村 | 本部町 | 恩納村 | 宜野座村 | 金武町 | 伊江村
中頭郡 読谷村 | 嘉手納町(かでぃなー) | 北谷町 | 北中城村 | 中城村 | 西原町
島尻郡 与那原町 | 南風原町(ふぇーばる) | 渡嘉敷村 | 座間味村 | 粟国村 | 渡名喜村 | 南大東村 | 北大東村 | 伊平屋村 | 伊是名村 | 久米島町 | 八重瀬町
宮古郡 多良間村
八重山郡 竹富町 | 与那国町