Wp/ryu/那覇市

From Wikimedia Incubator
< Wp‎ | ryuWp > ryu > 那覇市
那覇ぬモンタージュ

那覇、行政区画上や那覇市うちなーぐちぬ発音ナーファナファ[1]大和口:那覇)や、うちなーちんぬみゃーくやいびーん。琉球國ぬみゃーくやいびーたん。ジジにあいん。人口や320,500人[2]

概要[edit | edit source]

うちなーぬ政治・経済・文化ぬ中心でぃあり、また国際空港でぃある那覇空港てぃがろー、県外てぃがろー周辺離島とぅむしぶるなーふぁ港擁するくとぅからうちなー県ぬ玄関口とぅしてぃぬ役割んかたみとーん。 都道府県庁所在地っしぇー、唯一JR線がとぅーらん。

面積ーやまとぅぬ全都道府県庁所在都市ぬ中っし最むくーく、人口密度首都圏とぅ近畿圏とぅ政令市ぬ行政区除ちねー全国っし最む高さん。また、那覇空港が市域面積ぬ8%以上占めい、うぬなかんかえー自衛隊くくむん。くぬ他在日米軍ぬ施設てぃがろーなーふぁ港ぬ民間用途ぬ施設ぬ分ん考慮んかい入りーねー、実際ぬ都市活動んかい使用ないる面積ー限らりーん。さらに、那覇空港ぬ制限表面にゆり、市街地ぬ多こー超高層ビルてぃがろー超高層マンション建てぃーるくとぅがならん[3]うむるまち中心とぅする那覇新都心はじみとぅさる航空規制ぬ影響ぬねーん北部エリアてぃがろー、再開発事業ぬ一環とぅしてぃ旧市街地ぬ牧志安里(アサトゥ)地区などぅんかい高層ビルぬ建ち始みとーん。

都市化んかい伴てぃ周辺自治体ぬベッドタウン化が進み、那覇市中心市とぅする那覇都市圏ぬ人口ー約78万人(都市雇用圏 - 2005年)とぅなとーん。なう、地方っしぬ人口減少ぬ深刻な問題んかいなとーるちゅーにういてぃん那覇市及び那覇市ぬ周辺自治体っしぇー人口増加ぬ著しく、2015年しわーし現在ぬ都市雇用圏人口ー約86.1万人(10%流入人口※2010年ぬ国勢調査ぬ結果、北谷町から同都市圏んかいぬ流入人口ぬうちなー市都市圏んかいぬ流入人口上回たるたみ、都市圏域が北谷町までぃふぃるがたん。)。さらに那覇市中心とぅさるジジ中南部圏ぬ人口ー面積約482km2(政令指定都市ぬ北九州市とぅふぶいぬ)に対し人口ー約120.4万人(推計人口2015年しわーし1日現在。広島市とぅふぶいぬ)くぃー、国内やてぃん有数ぬ人口集中地区でぃある。

市ぬ中心部ー国場川漫湖)、及び安里川んかいかくまったる平地地帯んかいふぃるがい、那覇市、及びうちなーぬ主要施設ぬ多くがうまんかい立地そーん。近年っしぇー1987年んかい米軍ぬ牧港住宅地区ぬ全面返還さったるくとぅにゆり、那覇新都心とぅしてぃ開発ぬ進み、中心地んかいいしらっとーたる企業本社などぅぬ一部が移転しうぅい、新たな中心部とぅなとーん。

また、中心部周囲ぬ丘陵地ーふぶまじり市街化(主に住宅地)されい、むとぅからぬ地形ぬ高低から立体的な都市景観見しーん。一時ー琉球王国時代ぬ首都やてぃんあたる首里(スイ)地区ー海抜100m程度ぬ高台ぬうぃーんかい位置しー、ばすにゆってぃー那覇市全域見渡するくとぅん可能でぃある。

観光面っしぇー、市ぬ中心部ぬ国際通り、市東部ぬ高台んかいある首里(スイ)地区ぬ首里城(琉球王国ぬ王府。2000年しわーしにしけーゆじり・琉球王国ぬグスク及び関連ゆじり群とぅしてぃ登録)が中心でぃあったしが、近年、前述ぬ在日米軍住宅地ぬ跡地ぬ那覇新都心とぅしてぃ開発ぬ進でぃうぅい、2004年しわーしにしけー最大規模っし国内っしぇー唯一ぬ空港外大型免税店でぃあるDFSギャラリア・沖縄ぬオープンさん。にしぬうみんかい面ちょーんしが、那覇空港てぃがろー那覇港などぅぬ施設ぬ海岸線ぬふとぅんどぅ占みとーるたみ、海水浴場ー1991年んかい供用開始さったる波ぬ上ビーチ人工海浜)ぬみとぅなとーん。名産品とぅしてぃ壺屋焼てぃがろーあーむいなどぅがあん。

2006年んかい中核市指定要件ぬてぃーちでぃある面積要件ぬ撤廃さったるくとぅ受けい、本市ー中核市移行目指ちょーたる[4][5][6]。あんし2012年10月19日んかいうくならったる閣議にゆり、那覇市中核市んかい指定する政令さだみたる[7][8][9] ぬち、2013年4月1日をむってぃ全国っし42番目ぬ中核市んかい移行さる[10]

那覇ぬ象徴[edit | edit source]

地域[edit | edit source]

基本的に那覇市ーうぬ4地区んかい区分ないしが、那覇新都心ぬ開発さりてぃからー同地区ん含みてぃいちちぬ地域んかい区分ないん。

  • 本庁 - 大部分ー1954年以前からなーふぁ市うぅてぃあった地域。すぬ後埋み立てぃにゆり区域ぬ拡大。
  • 真和志 - 戦後、不規則な宅地化(スプロール現象)が進だん。
  • 首里(スイ) - 那覇市とぅぬ合併時から、古都・首里ぬ名ぬくさとぅいう地元住民ぬちゅーさるにげーぬあたるたみ、くぬ地域ぬ町名ぬちぶるんかえー現在ん「首里」ぬ名冠すん。
  • 小禄(ウルク) - ふぶ全域っしじー区画整理ぬ進でぃうぅい、住宅街とぅしてぃん整備さりとーん。県外からぬ移住者ぬやーうーちー地とぅしてぃん人気ぬある地域とぅいらっとーん。

文化・観光・スポーツ[edit | edit source]

観光地[edit | edit source]

2000年12月んかいしけーゆじり琉球王国ぬグスク及び関連ゆじり群」とぅしてぃ登録さったる9か所ぬ史跡ぬうち、那覇市内んかえー、以下んかい挙ぎとーる4か所が存在そーん[11]

那覇最大ぬ繁華街『国際通り

すぬ他ぬ観光地

国際通りんかい接続する通り。元闇市っし、自然発生的に形成さったる一大アーケード街でぃある。
琉球国王尚やーかかわい資料(国宝)ぬたぶらりとーん。

祭り[edit | edit source]

神社・霊廟[edit | edit source]

スポーツチーム[edit | edit source]

交通[edit | edit source]

中心市街地っしぇー、戦後スプロール現象にゆってぃ十分な都市基盤整備ぬさりらんまま無秩序な市街化が進だるたみ、ふとぅんどぅぬ道路ぬ幅員12m以下でぃあり、慢性的な交通渋滞うくちょーん。かわてぃ、国際通りてぃがろーすぬ他幹線道路ぬ機能補完する道路ぬふとぅんどぅ無く、えーねー幅員ぬいばさる区間ぬうふさるたみ、国際通りてぃがろーすぬ他幹線街路んかいゆくん負担ぬ掛かとーん。

くりらぬ渋滞はんすんびく沖縄都市モノレール線(ゆいレール)ぬ開設さったん。また、中心市街地にうきる駐車場ぬ小規模さん課題ぬてぃーちでぃあり、改善ぬあわてぃらっとーん。

首里地区んかい沖縄自動車道那覇インターチェンジぬあん。

学校[edit | edit source]

特記ぬねーんむのー公立学校でぃある。

大学・短期大学[edit | edit source]

高等学校[edit | edit source]

中学校[edit | edit source]

小学校[edit | edit source]

2014年4月1日やか久茂地小学校とぅ前島小学校ー統合されい「那覇小学校」とぅないん。

県内っし唯一、給食費ぬ値上ぎ実施。「学校給食いちゃんだなする自治体」てぃがろー「独自ぬ予算っし助成制度設きとーる自治体」がある中、なーふぁ市ー、2016年しんぐゎちから給食費ぬ値上ぎんかい踏み切たん。いちゃんだぬ自治体とぅー最大っし年間約5万円ぬ差ぬあい、なーふぁ市ぬ中学校ー、県内ぬ給食費っし、最む高さん[12]

脚注[edit | edit source]

  1. “首里・那覇方言音声データベース”. 琉球大学 沖縄言語研究センター. 2012年4月1日閲覧。 - 本来ー首里市真和志市小禄村とぅぬ合併前ぬ旧那覇市ぬちゅん。
  2. 那覇市統計情報 - 2020年12月22日閲覧。
  3. 那覇空港の制限表面区域図(国土交通省大阪航空局)
  4. “中核市への移行に係る沖縄県への協力要請”. 那覇市 市長室Web出張所 (2010年4月23日). 2012年4月1日閲覧。
  5. “中核市移行準備室”. 那覇市. 2012年4月1日閲覧。
  6. “中核市の紹介”. 中核市市長会. 2012年4月1日閲覧。
  7. “樽床総務大臣閣議後記者会見の概要” (プレスリリース), 総務省, (2012年10月19日) 2012年10月22日閲覧。
  8. “那覇市、来年4月1日から中核市 政府が閣議決定”. 琉球新報 (2012年10月19日). 2012年10月22日閲覧。
  9. “那覇を中核市に = 政府”. 時事ドットコム (2012年10月19日). 2012年10月22日閲覧。
  10. “平成25年4月1日に那覇市が中核市へ移行しました。”. 中核市市長会 (2013年4月1日). 2013年4月1日閲覧。
  11. “2012年度版那覇市勢要覧 (PDF)”. 那覇市. 2013年2月1日閲覧。
  12. "給食費、年最大5万円差 本紙県内市町村調査" - 琉球新報 2016-04-12

関連項目[edit | edit source]

Wikimedia Commons
ヰキメディヤ・コモンズには、Wp/ryu/那覇市に関連するカテゴリがあいびーん。
Wikimedia Commons
ウィキトラベル大和口版んかえー、Wp/ryu/那覇市に関するたびガイドぬあいびーん。

外部リンク[edit | edit source]


うちなーちん 沖縄県(うちなーちん)自治体とぅ行政区
市部 那覇市(なーふぁ) | 宜野湾市(じのーん) | 石垣市 | 浦添市(うらしー) | 名護市(なぐー) | 糸満市(いちゅまん) | 沖縄市 | 豊見城市 | うるま市 | 宮古島市 | 南城市
国頭郡 国頭村 | 大宜味村 | 東村 | 今帰仁村 | 本部町 | 恩納村 | 宜野座村 | 金武町 | 伊江村
中頭郡 読谷村 | 嘉手納町(かでぃなー) | 北谷町 | 北中城村 | 中城村 | 西原町
島尻郡 与那原町 | 南風原町(ふぇーばる) | 渡嘉敷村 | 座間味村 | 粟国村 | 渡名喜村 | 南大東村 | 北大東村 | 伊平屋村 | 伊是名村 | 久米島町 | 八重瀬町
宮古郡 多良間村
八重山郡 竹富町 | 与那国町