Wy/ja/Wikivoyage:管理者

From Wikimedia Incubator
< Wy‎ | jaWy > ja > Wikivoyage:管理者
Jump to navigation Jump to search

この規定は草案です。

管理者(シスオペ/sysop、あるいはアドミニストレータ/Administrator)はウィキボヤージュ日本語版のコミュニティによって信任され、通常の利用者権限のほかにいくつかの追加の権限を有している利用者グループです。管理者は方針やガイドラインについて一定の理解をしている利用者がなることができます。

管理者は権限的に一般の利用者よりも上位に見られますが、管理者だからと言って特別な利用者というわけではありません。

管理者は主に次の機能を利用することが出来ます。

  • ロールバック ある利用者の投稿した版をすべて元に戻す機能です。このツールは荒らしやスパムの対応のために使われることがあります。
  • ページの削除と復元 ページやファイルを削除する機能です。詳細は削除の方針を参照。
  • 特定の版を指定した削除と復元 ページの履歴等で版を指定して一定権限者以上の閲覧を出来ないようにする機能です。この上位機能にはオーバーサイトがあります。
  • ページの保護と保護解除 特定のページの編集を制限する機能です。詳細は保護の方針を参照。
  • IPアドレス、ログインユーザのブロックと解除 利用者の投稿権限を制限する機能です。ブロックは荒らしの抑止等にに使用されま。。詳細はブロックの方針を参照。
  • Mediawiki名前空間の編集 ウィキボヤージュ日本語版全体に影響を及ぼすシステムメッセージ等を編集する権限です。AbuseFilterなどの編集もこの権限です。

管理者は編集者としては特別な存在ではありません。管理者が編集したページであっても、改善の余地があるならば加筆や修正をして構いません。

プロジェクトを運営するという点についいても特別な存在ではありません。ウィキボヤージュがどうあるべきか、どのような方針が採用されるべきかなども、一般の利用者の意見よりも重要であるというわけでもありません。

法的な問題が起こった場合、責任を負うリスクは管理者のほうが多少高いと考えられます。これは様々な方針ではその根拠となっている法律等が関わってくることが多いためです。そのため、意見としては管理者の意見を真剣に受け取ったほうが良いかもしれません。しかし、強硬な意見を主張するなどコミュニティでの協同作業を阻害する管理者は退任してもらい、ほかの管理者を選出するのが良いでしょう。

ウィキボヤージュ日本語版では管理者について任期制を導入しています。

管理者の権限付与[edit]

管理者になるためには次のような要件があります。

  • ウィキボヤージュ日本語版での活動実績があるアカウントユーザであること
  • 多重アカウントを不正に利用した利用者ではないこと
  • コミュニティに信任されている利用者であること

IPアドレスのユーザーは管理者になることは出来ません。管理者になることを望むなら、まずはアカウントを取得してください。

管理者になるための実績などは次のようなものが考えられます。

  • ウィキボヤージュの方針やガイドラインを理解している
  • ページの充実化などのウィキボヤージュへの貢献
  • 議論への積極的な参加
  • 荒らしやスパムの抑止、防止活動

管理者の任期[edit]

ウィキボヤージュ日本語版において、管理者は任期制を導入しています。権限が付与された時点(新任)、再信任投票時点によって任期の満了日が異なります。

新任の管理者、臨時の再信任投票によって再任した利用者、管理者が前提となる権限が付与された管理者

  • その年の前半(1月~6月)に権限を付与された管理者は翌年3月末まで
  • その年の後半(7月~12月)に権限を付与された管理者は翌年9月末まで
    • ビューロクラット、チェックユーザー、オーバーサイトの権限が付与された管理者は、その権限の付与日を基準にして任期を再設定します。

再信任された管理者(任期の1年延長)

  • 3月に任期を迎える管理者は、再信任投票によって信任されると翌年3月末まで任期が延長されます。
  • 9月に任期を迎える管理者は、再信任投票によって信任されると翌年9月末まで任期が延長されます。

信任プロセス[edit]

管理者はコミュニティに信任されている必要があります。管理者になりたい利用者はWy/ja/Wikivoyage:管理者の信任で立候補の手続きを行ってください。

管理者の信任はコミュニティに通知されてから7日間を信任プロセス期間とします。信任は投票で行います。投票の結果、3名以上の投票が行われ、過半数以上の信任票があれば、信任されたとみなし管理者権限をその利用者へ付与します。

投票を行うことが出来る利用者は次の条件を満たす必要があります。

  • 信任プロセス開始時点でウィキボヤージュ日本語版での活動実績のあるログイン利用者
  • 投稿ブロックを受けているアカウントのサブアカウントではない(多重アカウントの不正利用者ではない)

混乱を防ぐため、信任については非ログイン利用者(IPアドレス)はコメントを行ったり、投票を行うことは出来ません。

信任プロセス終了後、信任の要件を満たしているなら立候補者以外が信任されていることを明らかにし権限を付与します。権限はビューロクラットが付与します。ビューロクラットが不在のときはメタでスチュワードへ権限付与の依頼を行います。

立候補のログは信任プロセス終了後、7日以上経過したものについて過去ログとして保存されます。但し、信任されなかった場合はただちに過去ログ化しても構いません。

管理者であることが条件の権限[edit]

ウィキボヤージュ日本語版では次の権限を有したい場合、管理者であることが条件になります。

  • ビューロクラット(現在はローカルでの権限保有を行っていません)
  • チェックユーザー(現在はローカルでの権限保有を行っていません)
  • オーバーサイト(現在はローカルでの権限保有を行っていません)

管理者の再信任[edit]

管理者は任期によって再信任投票を受けることになります。再信任投票の基準は管理者の信任投票と同じです。その管理者が今後も管理者として権限を持っていても良いかを判断してください。

再信任における例外規定
  • 再信任投票が任期末までに提出されなかった管理者は任期を1年延長します。
  • 24ヶ月以上ウィキボヤージュ日本語版で活動のない管理者は再信任されるかどうかを問わず権限が除去されます(グローバル方針(管理者の活動状況の点検)の優越)
再信任投票の有権者は次の通りです。
  • 再信任投票の告知日からウィキボヤージュ日本語版において編集活動があるログイン利用者
    • 但し、不適切な多重アカウントによる投票やサブアカウントによる投票は無効
    • 再信任投票のエントリーを行った利用者と再信任投票を受ける管理者自身も1票を投じることができます。

再信任投票はコミュニティに通知されてから1週間(168時間)を受付時間とします。この期間を経過してからの投票は無効です。

再信任投票で留任・解任が成立するのは次の通りです。
  • 留任票と解任票のいずれかが過半数を超えた側の結果とします
    • 但し、留任票と解任票が同数の場合は留任とします
  • 再信任投票受付期間に解任票が0のとき、留任票がなくとも留任とします(無投票留任)
  • 確定はすべての有権者が宣言することができます。
再信任投票時の注意があります。
  • 任期は月末までになります。再信任投票の結果、不信任となった管理者は任期満了までは権限を保有することができます。
    • 満了を待たずに自発的に権限を返上しても構いません。
    • 他者による権限除去の申請はその任期末日(超えている場合は直ちに)権限の除去を申請してください。
  • 再信任投票の締切日が任期を超える場合、その再信任投票の確定日までは権限の保有が認められます。ただし、任期末日を超えて再信任が確定するまでの間は権限を行使してはいけません。
  • 用務員は任期満了を持って退任する意思がある場合、それを再信任の場で公表することで一切の投票を中止することができます。この場合は任期末日以降、数日中に権限の除去を申請してください。自発的に権限を返上しても構いません。

再信任投票は有権者(対象管理者を含む)が票のとりまとめと信任の確認を行うことができます。不信任になったときのmetaへの申請は信任の確認後、有権者が行ってください。

臨時管理者[edit]

臨時管理者は、信任プロセスで投票総数が極端に少ないが信任されていると考えられる場合や、今いる管理者だけでは管理業務に支障が出ると判断された場合などに一時的に権限を付与された利用者です。

臨時の管理者は次の優先順位によって選出されます。

  1. スチュワード
  2. 過去に管理者であった利用者
  3. 他言語版あるいは姉妹プロジェクトのsysop権限を持つ利用者
  4. ビューロクラットまたは管理者が適切であると判断した利用者
  5. グローバル管理者

スチュワードは機能上、すべてのローカルウィキにおける管理者権限行使が必要な範囲で認められています。スチュワード以外の利用者に対して権限を付与するのはビューロクラットまたはスチュワードが行います。臨時管理者は最長で6ヶ月をその任期とします。任期内であっても臨時管理者は自ら退任することができ、あるいは解任されます。予め決められた任期を終えた臨時の管理者は任期経過によって権限を除去されます。また、任期中であっても信任投票を受け臨時ではない管理者になることができます。この信任投票において不信任になった場合は権限が除去されます。

臨時管理者であった利用者は退任日から6ヶ月は臨時管理者として任用することを原則として禁止します(スチュワードによる判断を除く)。臨時ではない管理者に信任投票を経てなってください。

管理者の権限除去[edit]

管理者は次の場合にその権限を返上したり、剥奪されます。

  • 自発的に管理者を辞める(退任)
  • コミュニティが望んで管理者を辞めさせる(解任)
  • コミュニティによって再信任されなかった、あるいは管理者自身が任期満了をもって再信任を望まない、臨時管理者の任期満了(任期満了)
  • グローバル方針(管理者の活動状況の点検)によるもの(自動退任)

管理者ではなくなった元管理者が再び権限の保有を望む場合、もう一度信任プロセスから行う必要があります。

権限の除去はmetaでスチュワードへ依頼して行われます。ビューロクラットでは行うことが出来ません。また、管理者であることを前提条件に持つ権限を保有している利用者は、管理者の権限と一緒にその権限も除去されます。

退任

いかなる理由でも管理者は自発的に管理者であることをやめることができます。特にウィキボヤージュ日本語版での活動を終了したり長期間休止するなら、権限を返上しておくことが望まれています。

解任

ウィキボヤージュ日本語版のコミュニティが、管理者であることを望まない場合、その管理者は権限を剥奪されます。解任は信任投票に基づいて行われ、過半数以上の信任が得られない場合は解任されます。

任期満了

再信任投票の結果、信任に足りなかった管理者は任期満了日を持って権限が除去されます。また、任期満了を持って退任を望む管理者も任期満了日を持って権限が除去されます。この権限除去は、有権者ならその結果を持って誰でもmetaに権限除去を申請できます。申請は満了日以降に行ってください。任期満了日までは権限を行使することができます。任期外で権限を行使した場合、ブロックされることがあります。また、臨時管理者の任期満了によるものも含まれます。

自動退任

不活発かつ特定の権限を持つアカウントはセキュリティ上のリスクがあります。そのため、メタ・ウィキメディアで定められた公式なグローバル方針として活動点検があります。これは管理者の権限保有者に対して、権限行使の実績があるかを点検し、直近24ヶ月以内にローカルウィキによる活動実績がない管理者はスチュワードによって権限除去が除去されるものです。この自動退任規定はグローバル方針であるため、再信任要件よりも優越されます

現在の管理者[edit]

管理者は1名在籍しています。

過去の管理者[edit]

該当する利用者はいません。

関連項目[edit]