Wy/ja/厳島神社

From Wikimedia Incubator
< Wy‎ | jaWy > ja > 厳島神社
Jump to navigation Jump to search

厳島神社(いつくしまじんじゃ | 正式名称 : 嚴島神社 | 英語 : Itsukushima Shrine、フランス語 : Itsukushima-jinja、スペイン語 : Santuario Itsukushima、簡体中国語 : 严岛神社)は、日本広島県廿日市市にある神社。世界遺産に登録されている。当神社の存在する島、厳島は「安芸の宮島」の通称でも有名である。

歴史

西暦593年に豪族・佐伯鞍職が市杵島姫命(イチキシマヒメ)を祀る社殿を創築したことに始まるといわれている。また、「厳島」という名前自体も市杵嶋姫命の名前からきているといわれている。1168年、平清盛によって現在と同じ規模の社殿がたてられ、平家の隆盛とともに栄えた。なお、このころに平氏の氏神となっている。1207年、当神社は大火災に見舞われ、さらに1223年にも大規模の火災があり、これによって建造物全てを焼失している。仁治年間に建造物は再築され、この建物が現在にも残っている。戦国時代、1555年に毛利元就厳島の戦いによって厳島とその周辺を治めると、元就は厳島神社を崇敬し、戦国時代の動乱で社勢が衰えていた厳島神社も再び栄えた。元就は大規模な社畜の修復を行っている。江戸時代になると厳島詣が盛んになり、周辺は多くの観光客でにぎわった。明治時代に入ると神仏分離令によって社殿を焼却することになり、棚守の直訴が認められて焼却自体はなくなったものの彩色がすべて落とされた。近代社格制度によって1871年に国幣中社になり、1911年には官幣中社へと昇進している。

写真