Wy/ja/バチカン市国

From Wikimedia Incubator
< Wy‎ | jaWy > ja > バチカン市国
Jump to navigation Jump to search
Wy/ja/バチカン市国

The Creation of Adam in the Sistine Chapel

バチカン市国イタリア語:Città del Vaticano、ラテン語:Civitas Vaticana)は、面積、人口ともに世界最小の国として知られており、キリスト教カトリック派の中心地である。ローマの地区として、バチカン市国と、その周辺にあるボルゴとプラティのローマ地区を含んでいる。サン・ピエトロ大聖堂、バチカン美術館、システィーナ礼拝堂の有名な建築物は、全てバチカン市国にあり、ローマの中にあるこの小さな国は、世界のほとんどの都市、そして実際に多くの国よりも多くの歴史と芸術作品で満たされている。

分かる

国旗
国章

バチカン市国は、カトリック教会の長であるローマ法王の仮の座がある。ローマ市内に位置し、バチカン市国は世界最小の主権国家となっており、バチカン市国という主権国家ではなく、ローマ教区、つまりローマ教皇の教会的・行政的権限を指す言葉として使われている。

基礎データ

  • 面積:0.44㎢
  • 人口:825人
  • 首都:ローマ
  • 最大の都市:ローマ
  • 公用語:ラテン語
  • 通貨:ユーロ


移動する

バチカン市国には空港はないので、イタリアのレオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港から地下鉄、タクシー、バスなどでの移動が求められる。








観る

  • サン・ピエトロ大聖堂 - 正確にはサン・ピエトロ寺院。世界最大のキリスト教のバジリカ教会。
  • バチカン美術館 - ルネッサンスの美術品が数多く展示されている。
  • システィーナ礼拝堂 - ミケランジェロの壁画が有名。
  • バチカン庭園 - 国の半分以上を占める美しい庭園。
  • サン・ピエトロ広場 - 聖人像や石柱に囲まれた楕円形の広場。